×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊藤博文ハルピン駅頭死す

1909(明治42)年10月26日、ハルビン駅頭にて。伊藤博文公は数発の銃弾により、その波瀾の生涯をとじました。
長州の足軽から身を起こし、明治維新という大改革を経て、西洋列強に伍してゆける「独立近代国家・日本」の確立のために
終始、闘い続けた公に発砲したのが、韓国独立を悲願する愛国青年であったことはなんとも皮肉・・・。
韓国統監を辞し、枢密院議長に復職した伊藤公はロシアのココツォフ蔵相と会見するためにハルビンにむかいました。
目的は、東アジアの日露の権益を調整するため、あるいはすでに閣議決定していた韓国併合をロシア側に承認させるためだったとも推測されます。

元ねたは、暗殺直前に撮影された有名な写真ですが、中央の伊藤公に握手をもとめているのがココツォフ蔵相といわれます。
旦那が見て
「・・・連行されるソルジェニーチン ??」とのたまった、古いね ? ( ..)φメモメモ